雇う人と働く人の雇用道
Googleへ
サイト内検索について
表富士工業団地協同組合
HOME このサイトについて リンク サイトマップ
雇う人のための情報
人を雇うときのきまりごと
従業員とのきまりごと
退職に関するきまりごと
 
働く人のための情報
働きたいと思ったら
働く人の権利いろいろ
会社を辞めるとき
 
ダウンロード一覧
HOME < 働きたいと思ったら < 企業に提出をもとめられるもの
企業に提出をもとめられるもの
【年金手帳】

 厚生年金や国民年金に加入した証拠となるもの。年金番号は両方の制度に加入していた場合、
 従来は厚生年金番号と国民年金番号の2つの番号を持っていたが、今は「基礎年金番号」と呼ばれ、
 一人1番号となっている。一生使うので大切にすること。入社の際、会社に提出する。

【雇用保険被保険者証】

 雇用保険に加入するともらえるもの。前の会社のものを持っている場合は、同じ番号を使用するので、
 入社の際、会社に提出する。会社で加入後は、その会社の名の入った新しいものになる。
 前の会社のものを持っているのにもかかわらず、入社の際に提出しないと、番号がいくつも使われる
 ことになり、失業給付をもらうときに不利になる場合があるので注意。

【源泉徴収票】

 前の会社でいくら給料をもらい、いくら税金を引かれたのか等を証明するもの。正社員以外で働いて
 いても、退職の際に必ず作成してもらうこと。年の途中で再就職した場合は、新しい会社に提出する
 ことにより、年末に、その分の年末調整を会社でしてもらえる。この提出がないと、自分で税金の
 申告等をしなくてはならない。

【扶養控除等申告書】

 入社の際に記入を求められる。給料から控除する税金を計算するのに使う。扶養家族がなくても、
 きちんと提出すること。

 
Copyright 2003 表富士工業団地協同組合 All rights reserved