雇う人と働く人の雇用道
Googleへ
サイト内検索について
表富士工業団地協同組合
HOME このサイトについて リンク サイトマップ
雇う人のための情報
人を雇うときのきまりごと
従業員とのきまりごと
退職に関するきまりごと
 
働く人のための情報
働きたいと思ったら
働く人の権利いろいろ
会社を辞めるとき
 
ダウンロード一覧
HOME < 働く人の権利いろいろ < 職場のトラブルQ&A集
職場のトラブルQ&A集
Q1:職場でいじめやセクハラにあったら?

まず第一に、自分が不愉快であることを相手に伝えましょう。相手はそれと知らずにしている場合もあるし、
自分の被害妄想の場合もあります。
職場でのいじめやセクハラについては、会社にも法律的に負うべき責任があるので、信頼のおける同僚や上司に
相談しましょう。
社内に苦情処理機関がある場合はそのルールに従って苦情の申し立てをした上で、 社長などに事実を知らせ、対処してもらうよう申し入れましょう。
誰にも相談できないときは、公共または民間の相談機関に相談しましょう。(別紙に記載)
いじめやセクハラでやむなく退職した場合、雇用保険の給付が普通の「自己都合退職」
に比べて手厚くなる場合があります。(特定受給資格者の判断基準)

Q2:仕事中に怪我をした時の対処法は?

仕事中の怪我は、基本的には「労災保険」が使えます。この場合健康保険は使えません。
労災保険は、正社員のみならずパートタイマーやその日限りのアルバイトであっても適用されます。加入について、個人での手続きは必要ありません。
怪我をしたら、必ず上司や所属長に報告しましょう。病院では、「仕事中」の旨を必ず伝えます。
会社が労災保険に加入していなかった場合でも、労働者は保護されます。会社の人に話しても
手続きをしてくれなかった場合には、労働基準監督署に相談しましょう。

Q3:時間外手当を支払ってもらえない時はどうすればいいの?

まず、同僚や先輩・上司に相談しましょう。
所属長(あるいは社長など)に聞いてみましょう。
会社の言い分がおかしいと思ったら、労働基準監督署に相談してみましょう。
その際に、給料明細や就業規則などを持参しましょう。

Q4:給料を支払ってもらえない時はどうすればいいの?

まず、会社の説明を聞きましょう。
会社の言い分がおかしいと思ったら、労働基準監督署に相談してみましょう。
その際に、給料明細や就業規則などを持参しましょう。

Q5:いきなり今月から給料を下げると言われたらどうすればいいの?

給料などの労働条件の変更については、書面で本人に知らせなくてはならないことになっています。
まず、会社からの説明を聞きましょう。
会社の言い分がおかしいと思ったら、労働基準監督署に相談してみましょう。
その際に、給料明細や就業規則などを持参しましょう。

Q6:暇だから休めと言われた時はどうすればいいの?

会社都合の休業は、平均賃金の6割以上の休業手当を支払うことが義務づけられています。
まず、会社からの説明を聞きましょう。
会社の言い分がおかしいと思ったら、労働基準監督署に相談してみましょう。

Q7:社会保険の手続きをしてくれない時はどうすればいいの?

健康保険、厚生年金保険、雇用保険は、加入するのに一定の要件が必要です。
まず、自分がその要件を満たしているかどうか会社に問い合わせてみましょう。
要件を満たしているにもかかわらず加入の手続きをしてくれないようなら、社会保険事務所
(雇用保険はハローワーク)に相談しましょう。


 
Copyright 2003 表富士工業団地協同組合 All rights reserved