雇う人と働く人の雇用道
Googleへ
サイト内検索について
表富士工業団地協同組合
HOME このサイトについて リンク サイトマップ
人を雇うときのきまりごと
従業員とのきまりごと
退職に関するきまりごと
 
働きたいと思ったら
働く人の権利いろいろ
会社を辞めるとき
 
ダウンロード一覧
HOME < 人を雇うときのきまりごと

人を雇うときのきまりごと

 

●どういう形態で雇うか決めよう
 人を雇う時、その人にどんな仕事を任せたいか?が一番重要になります。
 その仕事内容やコストによって正社員にするのか、アルバイトにするのか雇用の形態を
 まず決めましょう。
 雇用の形態と特徴

●募集の開始
 効率よく人材を募集するためにどんな募集方法があるのか検討しましょう。
 募集の方法

●募集の内容
 募集の内容は働きたい人にわかりやすく記載しましょう。
 募集事項に使ってはいけない言葉もあります。
 募集時の注意点

●面接の実施
 トラブルをおこさない人材を採用することが何より重要。正社員であろうとパートであろうと、
 いったん採用してしまったら簡単にはクビはきれないということを肝に銘じて面接しましょう。
 面接の手順
 面接におけるチェックシート

●採用・不採用の通知
 採用・不採用が決定したら、速やかに合否の判定を連絡しましょう。面接時に○日までに
 連絡することを通知しておくことも必要になります。
 不採用通知の場合は、今後取引先やお客様になる可能性もあることを想定し丁寧な対応をすることが
 必要です。
 「採用通知書」のダウンロード
 採用内定通知書」のダウンロード
 「不採用通知書」のダウンロード

●労働契約の締結を行う
 雇用関係は労働契約を締結することによって始まります。

 労働契約とは・・・労働者が使用者に対し一定の対価(給与など)の支払いを受けて、
 その指揮命令に服しつつ労務の提供をすることを約する労働者と使用者との間の契約のことです。         
 労働契約を締結する際の注意点

●労働条件の明示
 労働基準法では労働契約を結ぶにあたって、必ず労働条件を明示することを使用者に
 義務付けています。
 労働条件明示事項
 「労働条件通知書」(サンプル版)のダウンロード

●労働契約書を交わす
 労働条件通知書は契約書ではないため、トラブルを避けるために労働契約書を交わしましょう。
 「労働契約書」のダウンロード

●身元保証人をつける
 身元保証人には両親のうち1名と、他に独立した生計を営んでいる親族を1名つける。
 (他の企業で管理職を務めている人ならばトラブルが起きた場合も十分理解してもらえるので理想的)
 身元保証契約は5年間が最長、それ以上は契約の更新が必要
 「身元保証書」のダウンロード

●誓約書の提出
 「誓約書」のダウンロード

●雇用に関する援助や助成
 雇用に関する助成金は数多くありますが、給付額や条件が頻繁に変更になったり、時限措置のため
 一定期間しか申請の対象にならないものがあります。ハローワークを通して雇用することが条件に
 なっているものが比較的多いです。
 また、手続きが複雑なものが多いため、専門家(社会保険労務士)に相談することが確実です。
 利用頻度の高い助成金の紹介
 相談窓口一覧
 
 
Copyright 2003 表富士工業団地協同組合 All rights reserved