雇う人と働く人の雇用道
Googleへ
サイト内検索について
表富士工業団地協同組合
HOME このサイトについて リンク サイトマップ
雇う人のための情報
人を雇うときのきまりごと
従業員とのきまりごと
退職に関するきまりごと
 
働く人のための情報
働きたいと思ったら
働く人の権利いろいろ
会社を辞めるとき
 
ダウンロード一覧
HOME < 従業員とのきまりごと < 健康保険とは?
健康保険とは?

【健康保険の定義】

健康保険とは、会社などで働く人が業務外の病気やけがをした場合、それがもとで会社などを休み給料が
もらえないとき、不幸にして死亡したとき、または出産をしたときなどに必要な給付や手当金などの支給を
行う制度です。またその扶養家族についても、病気やけが、死亡、出産などに必要な給付や手当金などの支給を
行います。

【保険料】

保険料は事業主と被保険者がそれぞれ半額ずつ負担します。
事業主は、各月の保険料を被保険者の給料から差し引いて、事業主負担分と併せて翌月の末日までに
納めます。

【保険料の算出方法】

---40歳未満の場合---
標準報酬月額に8.2%を掛けた額が保険料とです。その額の1/2が会社負担

---40歳以上65歳未満の場合---
標準報酬月額に9.45%を掛けた額が保険料となります。(平成17年10月現在)
(介護保険が含まれるため)その額の1/2が会社負担
なお、介護保険料率は毎年みなおされるため変更あり。

※標準報酬月額は、基本給や各種手当(例:通勤・住宅・残業等)をもとに入社時に決められ、毎年1回みなおされ、また、報酬が大幅に変わった時にも改定される。

社会保険に加入している事業所には社会保険事務所から、「標準報酬月額及び保険料額表」
(標準報酬月額ごとに保険料月額を一覧表にしたもの)がもらえます。

インターネットで調べる(「税額表」サイトへ移動し、別ウィンドウで表示します)

 
Copyright 2003 表富士工業団地協同組合 All rights reserved