雇う人と働く人の雇用道
Googleへ
サイト内検索について
表富士工業団地協同組合
HOME このサイトについて リンク サイトマップ
雇う人のための情報
人を雇うときのきまりごと
従業員とのきまりごと
退職に関するきまりごと
 
働く人のための情報
働きたいと思ったら
働く人の権利いろいろ
会社を辞めるとき
 
ダウンロード一覧
HOME < 従業員とのきまりごと < 高年齢者等の雇用の安定等に関して
高年齢者等の雇用の安定等に関して

少子高齢化の急速な進展等を踏まえ、少なくとも65歳までは働き続けることができるようにするため、定年の引上げ、継続雇用制度の導入等による65歳までの雇用の確保、高年齢者等の再就職援助の強化等の措置を講ずる必要があります。

【概要と施行期日】

措置
施行期日
定年の引上げ、継続雇用の導入
高齢者の継続雇用の義務化について
平成18年4月1日
求職活動支援書の作成
・事業主都合の解雇等により離職する高年齢者等が希望するときは、事業主がその職務の経歴、職務能力等の再就職に資する事項を記載した書面(求職活動書)を作成し、公布しなければならないこととする。
平成16年12月1日

募集及び、採用についての理由の提示
・ 労働者の募集及び採用について、事業主が上限制限(65歳未満のものに限る。)を定める場合には、求職者に対して理由を明示しなければならないこととする。

シルバー人材センターが行う一般労働者派遣事業の特例
・シルバー人材センターが、届出(労働者派遣法の特例)により 臨時的かつ短期的又は軽易な就業に関する一般労働者派遣事業を行うことを可能とする。

高年齢者雇用安定法Q&A(厚生労働省内のページにジャンプします。)

 
Copyright 2003 表富士工業団地協同組合 All rights reserved